海外旅行でデビットカードが使えなかったお話

生活の知恵

海外旅行で現金以外にもカードを持っていく人は多いと思います。私はクレジットカードを作っていないので、デビットカードを持っていきました。ところがいくつかの場面で使えなかったので、その体験談を紹介します。

 
スポンサーリンク
 

海外でも使えるデビットカードとは?

基本的に言うと、VisaかMastercardのマークが入っているカードなら海外でも使えると思います。それ以外のJCBなどのカードなどは使えない国などもあります。

裏面などに◆PLUSのマークがあれば、現地の同じマークのあるATMで現地通貨のキャッシングもできます。

しかし注意しておきたいのは、デビットカードの設定で海外不可にしている場合は当然使えません。出発前に海外使用可に変更しておきましょう。詳しくはカードを作った銀行などのサイトを参照してください。

デビットカードでも、基本的にクレジットカードと同じように使えます。ほとんどのお店で問題なく使うことができました。

旅行先でおみやげが買えない!

ところが、いくつかデビットカードが使えない場面がありました。その一つがタイのチェンマイ空港内です。特に出国制限エリア内の免税店などではまったくデビットカードが使えませんでした。制限エリアの外の売店でも使えなかったです。

理由はよくわからないのですが、事実として使えませんでした。ただ空港内のATMでキャッシングはできたので謎です。

とにかくデビットカードしか持っていない人は、空港内では使えない可能性があることを頭に入れておいた方がいいと思います。

写真はイメージです

飛行機の中でも使えない!

特にLCCの飛行機に乗っていると、機内でいろいろと販売が始まりますよね。ちょっと飲み物がほしかったり、おみやげに記念グッズがほしくなったりすることもあります。

ちなみにLCCは基本料金だけだと、ほとんどサービスはありません。飲み物などは有料です。ブランケットなども有料のエアアインがあります。チケットと一緒に事前に予約しておけばいいのですが、そうでない場合は機内で支払いをして受け取ることになります。

ところがですよ、飛行機内もデビットカードは使えません。クレジットカードはしっかり使えるのに、なぜかデビットカードは使えません。

共通のシステムを使っているはずなのに、なぜかはっきりと差が出ます。私はこのことを知らなかったので、機内で記念グッズを買うことができませんでした。

というわけで、飛行機の中は確実にデビットカードは使えないと考えておいた方がよさそうです。デビットカード組は、買い物する予定があるならその分の現金を持っておいた方がいいと思います。

意外と差があるデビットカードとクレジットカード

今回は、私が海外旅行で遭遇したデビットカードが使えない場面を紹介しました。デビットカードは、使いすぎる心配もなく管理もしやすいので私は好んで使っています。

私は某銀行のVisaマーク付きのデビットカードを使っているのですが、共通のVisaのシステムを使っているから、クレジットカードと同じように使えると思っていました。

ところが、意外とデビットカードとクレジットカードは違いがありますね。やはりクレジットカードの方が強いです。今回は海外旅行で使えなかった場面を紹介しましたが、その他にもデビットカードだけ使えない場面があるかもしれません。

この記事をきっかけにして、いろいろと事前に調べてみるのもいいと思います。そうすれば使えない場面に直面して、焦る事態を避けることが出来ますから。

今回の記事があなたの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

この記事がよかったら、シェアしてくれると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました