外国語学習にYouTubeを活用しよう!

語学の話

スマホなどでYouTubeの動画を観ている人は多いと思います。YouTubeでは世界中の動画を観ることが出来ますので、自分が学んでいる言語の動画を観ることもできます。今回はそのような動画を語学に活用しようというお話です。

 
スポンサーリンク
 

まずはYouTubeについて

ご存じの方も多いと思いますが、YouTubeは無料の動画共有サイトです。パソコンやスマホなどで、サイト内にアップされている動画を観ることが出来ます。最近ではスマホにアプリが標準装備されていて、とても便利になっています。

ちなみに昔は、10分程度の動画しかアップできなかったようです。しかし現在はかなり長時間の動画もアップされていますし、生配信などの機能もあります。広告が付くことで、YouTuberなども現れるようになりました。

現在ではたくさんの言語に対応していますし、世界中から動画がアップされています。語学をやっている人にとっては、素晴らしい環境ですね。ネイティブの生の言葉に触れる機会は、これにより以前より格段に増やすことが出来ます。

語学をやっている人に嬉しい機能も!

語学をやっている人は、その言語が話されている国や地域からの動画を観ることにより、リスニングの練習をすることができます。

市販のテキストの付属CDの音声などは、かなりきれいに発音されているので、一番聞きやすいです。しかしネイティブがネイティブに自然に話すときは、そこまで丁寧に発音しないことがほとんどなので、かなり聞き取りにくいです。

しかもネイティブ同士だと、話すスピードも相当に早いです。なので初めて動画で生の言葉を聞くと、まったく聞き取れないこともよくあります。私はタイ語を学んでいるのですが、初めてタイのドラマを観た時は、ほとんど聞き取れませんでした。

そんなときに、YouTubeには嬉しい機能があります。動画の再生速度を変えることができるのです。スピードを半分にしたりとかもできます。早くてどうしても聞き取れないときは、スピードをどんどん落としていくと聞き取れることも多いです。

また全ての動画ではないですが、一部の動画では字幕が設定されていて、字幕をオンにすると文字でセリフなどを確認することが出来ます。

このように語学をやっている人には嬉しい機能がたくさんあります。英語でしたらもっといい学習用サイトやサービスもありますが、それ以外の言語でしたらYouTubeが一番便利だと思います。

リスニングの練習にはどんな動画を観ればいいか?

基本的には自分の好きなものを観ればいいと思います。興味のある分野の方が、理解もしやすいです。ただ聞き取りの難易度は差があります。私の経験をもとに、ある程度難しさを分類してみました。

ナレーション系の動画

これは現地のテレビ局の公式チャンネルや、観光関連の公式チャンネルなどで多く見られるパターンです。プロのアナウンサーなどのナレーションと映像で構成されている動画です。

このようなナレーションは、かなり丁寧に発音されているので聞き取りやすいです。5分くらいの観光地のPR動画などは、初めて動画によるリスニング練習をする人におすすめです。

あとは5~10分くらいの、ナレーションだけで進むプチドキュメンタリーなどもおすすめです。

ドキュメンタリー系

こちらは一般的なドキュメンタリーです。テレビ局の公式チャンネルなどで見ることが出来ます。ナレーションのほかに、関係者のインタビューなども含まれてきます。このあたりから自然な話し方になってくるので、だんだん聞き取りも難しくなってきます。

内容にもよりますが、ドキュメンタリーは専門的な用語もかなり出てきます。自分の得意分野以外だとまったくわからないこともよくあります。そんなわけで、難易度は割と高めです。

ドラマなど

こちらもテレビ局の公式チャンネルで、観ることが出来ます。少なくともタイの場合は、一部の局では公式がドラマも全話アップしてくれています。ただ他の国の事情はわかりません。

ドラマは聞き取りやすい部分と、難しい部分が混ざっています。ドラマの内容によっては、専門的な用語も多く出てきます。日常的な会話シーンは比較的聞き取りやすいのですが、キャラ同士がエキサイトして会話するシーンは一気に難しくなります。

ただドラマは、多少はわからなくてもストーリーが面白ければどんどん引き込まれます。夢中になって一気に観ちゃうこともあると思います。そうするとかなりの時間を視聴しているので、リスニングへの効果はかなりあります。

またドラマでは、会話にすぐ使えるような表現がたくさん出てきます。いいなと思った表現をメモしてストックしていくと、会話力もかなり上がっていきます。

聞き取りの難易度は少し高めですが、学習効果を考えるとドラマはかなりおすすめです。ネイティブと話をするときのネタにもなります。

一般YouTuber(特にネタ系)やバラエティー番組など

これらの会話メインで、しかも面白おかしいやりとりが中心の動画は難易度MAXです。単純に話すのが猛烈に早いし、若者言葉、慣用句やことわざをわざと一部変えたネタや、流行りのネタなどがバンバン出てきます。

なのでとにかく難しいです。私もかなり苦手です。まったく聞き取れないことも多いし、聞き取っても内容が分からないし、辞書にも載ってないということがよくあります。そんなわけで超上級者向けです。完璧に理解できるなら、もはや学習する必要ない程の語学レベルです。

ちなみにYouTuberは様々なタイプがいるので、じっくり何かを解説する系の動画は聞き取りやすかったりします。好きなYouTuberを見つけることができたら、その人を追っていくのもいい方法だと思います。

とりあえず気軽にやってみよう!

今回はYouTubeを外国語の学習に活かしてみよう!という内容でした。とは言っても、何を観ればいいのかわからない人も多いと思います。

そんなわけで非常にざっくりと、語学をやる人目線で動画を分類してみました。それぞれの国や地域で事情は違うし、本当にたくさんの動画があります。そんなわけで曖昧な感じになってしまいました。

私自身は、ドラマがやはり王道かなと思います。迷ったら面白そうなドラマを探してみるのをおすすめしたいです。ドラマだとまったく聞き取れないというときは、ナレーション系から始めるのがいいと思います。

ちなみにナレーション系は、ディクテーション(音声を聞いて、それを書きとる学習法)にも向いています。

なんといってもYouTubeは無料なので、気軽にどんどん使ってみるのがおすすめです。好きな分野のキーワードで検索して、面白そうな動画をがんがん探していけばいいと思います。

一ついい動画を見つけたら、同じチャンネルの動画を辿っていけばいい動画を見つけやすいです。さらにある程度海外の動画を観ていると、YouTubeがあなたへのおすすめ動画って感じでどんどん海外の動画を勧めてくるので、それに乗っかるのもいいと思います。

まずは気軽に遊び感覚で初めてみてください。ちょっとした隙間時間にやってみるのがいいです。いい動画を見つけたら、そこから学習として気合を入れて観ればいいわけです。そんな感じで始めるのがいいと思います。

今回の記事があなたの学習の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

この記事がよかったら、シェアしてくれると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました