自分の学習スタイルを把握しておこう!

語学の話

人間には個人差があります。それぞれの人で性格も違いますし、外部からの知覚情報を処理するスタイルも違います。なので語学をやるときにも、得意な学習スタイルが異なってきます。自分の学習スタイルを把握しておくと、効率よく学習を進められます。今回は学習スタイルについて説明していきます。

 
スポンサーリンク
 

学習スタイルとは何か?

学習スタイルとは、学習を行う上でのおおまかな好み、情報の受容・処理・反応の習慣的パターンと考えられているものです。ざっくり言えば、好きなやり方みたいな感じです。

学習スタイルは、人によって異なります。世の中にはいろいろな人がいるからですね。

外向的な人もいれば、内向的な人もいます。視覚情報が優位な人もいれば、聴覚情報が優位な人もいます。そうすると当然、好みのやり方は変わってくるというわけです。

ちなみにこのブログでは、内向的な人に合っていると私が感じる勉強法を主に紹介しています。私自身がかなり内向的なタイプだからですね。

世の中には様々な語学の学習法がありますが、その学習法の良し悪しだけでなく自分の学習スタイルに合っているかを考えることも大切です。

自分の学習スタイルを診断してみよう!

自分の学習スタイルを、なんとなく把握している人もいるでしょうし、まったく考えたこともなかった人もいるかもしれません。自分の学習スタイルを把握するには、学習スタイル診断を受けてみるのがおすすめです。

ウェブ上で無料で簡単にできます。質問にどんどん答えていくだけで、診断してくれます。

オンライン版学習スタイル診断

私自身も受けてみたんですが、視覚の点数がずば抜けて高かったです。ちょっと偏りすぎかもしれません。

結果とアドバイスを見て、自分の学習にうまく取り入れていくと効果を感じやすいと思います。

伸び悩みの時期には学習スタイルは拡張していこう!

語学を始めたての頃は、自分の学習スタイルに合った方法で進めていくと、上達が早いと思います。自分に合ったやり方だと、やっていて楽しく感じますし効果も出やすいです。

しかしある程度レベルが上がってくると、だんだん伸び悩んでくることがよくあります。そうなったときには、自分の学習スタイルを拡張していく必要があります。

関連記事

なので私のおすすめは、自分の学習スタイルをあえて封印して、苦手な方法でやってみるということです。たとえば視覚が優位な私は、あえて音声のみで学習をしていく感じです。

実際にやってみるとわかるのですが、苦手な方法はやたら疲れるんですよね。しかもちょっとつまらなく感じて飽きてきたりします。語学へのやる気自体も下がってくるのですが、そんなときは自分の学習スタイルに合った方法で気分をチャージします。

苦手な方法と得意な方法が3:1くらいを目指すと続けやすいと思います。

苦手な方法はつらいのですが頑張って続けていくと、だんだん慣れてきます。脳内に新しい回路が出来てきたのでしょうか。慣れて馴染んでくることろには、かなり成果も出てきます。

苦手な方法に取り組んだことで、ボトルネックになっていた部分が解消されると、自分の得意だった部分も再び伸び始めることが多いです。なので伸び悩みに直面している人には、おすすめです。

ヘッドフォンが繋がったスマホ

新しいことに挑戦すれば、必ず発見がある

実は私自身も現在、タイ語が伸び悩み気味です。私自身もさらに苦手な方法に挑まなければなりません。

今の私には、ペアワークやグループワークが必要なのかもしれません。本格的なロールプレイとか、メンバーそれぞれに役割分担をしてグループで課題を達成するタスクとか・・・。

かなり内向的な性格の私は、一人で机に向かって学習するのは好きです。しかしこのようなグループワークは考えただけでもストレスが・・・・。しかし勇気を出してやってみれば、得るものは大きいと思っています。

それらの活動を行えば、きっと自分の語学力の穴をたくさん見つけられると思います。穴を自覚できれば、それを自分で埋めていくことで上達できます。

現在はコロナの影響もあり、なかなかその機会を得ることができませんが、いずれ必ず挑戦していこうと私は思っています。

このブログを読んでくれている方々の中にも、今まさに伸び悩みに直面している人もいるかもしれません。そんなときには、まず自分の学習スタイルを把握して、その上で対策を立てるといいと思います。

時には自分の学習スタイルと合わない方法を、あえてやらなければならないときもあります。それはけっこうしんどい挑戦なのですが、踏ん張って続ければ確実に上達していきます。

お互いにがんばりましょう!今回の記事が参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。応援してくださると嬉しいです!


タイトルとURLをコピーしました