【英語】発音学習におすすめの教材【ベトナム語】

語学の話

外国語の学習において、発音をきちんと覚えることは重要です。そのためには、まず学習している言語の発音の仕組みをきちんと理解して、それから練習することが必要になります。発音に関する本はたくさん出版されていますが、その中から私が実際に使ってみてよかったものを紹介していきます。

今回紹介するのは、英語とベトナム語の発音テキストです。

 
スポンサーリンク
 

おすすめの英語発音テキスト

私が一番おすすめしたい英語の発音テキストは、「日本人のための英語発音完全教本」です。この本は本当にすごいです。

発音の仕方が非常に詳しく解説されています。アメリカ式だけでなく、イギリス式の発音にも完全対応です。母音や子音はもちろんのこと、音の連結から発声の方法まで解説されています。

音声学的にかなり詳細に解説されているので、理論的に理解することができます。日本人が間違えやすい発音なども、しっかりとカバーしてくれています。なんとなく感覚的に発音していた部分も、これを読めば自信をもって発音することができるでしょう。

ちなみに私は英語が大の苦手でした。中学校の頃の英語教師と相性がよくなくて、私は英語の授業が大嫌いでした。そんなわけで真面目に授業を聞いていなかったので、どんどん英語が苦手になっていったのです。

しかし最近になって英語を学び直しています。再び英語をやってみるとかなり楽しいです。その学び直しで最初に使った本が、この本です。発音について基礎からきっちりやり直したい人には特におすすめです。

しかしですよ、これからは正しい発音で単語を全部覚えなおさないといけないわけですよ。マジで日本の英語教育は発音をきちんと教えるべきだよ。あとからやり直すとすごい手間がかかるから(爆)

話を戻しますが、この本はとても詳しく発音について解説しています。なので情報量が多すぎて、頭がパンクする可能性もあります。発音さえできてりゃ細かいことはどうでもいいんや!みたいな人には、合わないかもしれません。

おすすめのベトナム語発音テキスト

私がおすすめしたいベトナム語の発音テキストは、田畑トマト氏の「ベトナム語発音大全」です。

このテキストは書籍ではないです。一般的な本屋やアマゾンでは買えません。田畑トマト氏のnoteから購入する形になります。

このテキストは、ベトナム語の発音をあまり専門用語を使わずにわかりやすく解説しています。北部の発音だけでなく、南部の発音もカバーしています。ネイティブが吹き込んだ音声ファイルも付属しています。なので音声を確認しながら学習をすることができます。

市販のベトナム語教本にあまり詳しく書かれていないことも、しっかり解説してくれているのが嬉しいです。私もずっと疑問に思っていた、半母音の長短問題もすっきりと解決しました。昼飯代を削って買った甲斐がありました

トマト氏のサイトも非常に面白くて参考になるので、ベトナム語を学習している人にはそちらもおすすめです。

note トマトのベトナム語発音大全

田畑トマトのベトナム語ボックス

語学を始める or やりなおすなら発音から学習しよう!

今回は英語とベトナム語のおすすめ教材を紹介しました。参考にしていただければと思います。

発音は最初に覚えると、その後の上達が非常に早くなります。なのでまずは発音から学習することを強く勧めたいです。私の英語がそうなのですが、後から発音を学ぶと単語の覚え直しが待っています。非常につらいです(泣)

そんなわけですので、まずは発音から学習してください。まずは発音の仕方をきちんと理解するのが大切です。それから実際に自分で発音する練習をすれば、効果が高いです。発音の練習は地味で大変なのですが、それを乗り越えればまわりに差をつけることができます。

私も毎日毎日、地味な英語の発音練習をしています。お互いに頑張りましょう!

今回の記事があなたの参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。応援してくださると嬉しいです!


タイトルとURLをコピーしました