部屋に観葉植物を置いてみよう!

生活の知恵

語学を熱心にやっていると、学習の効率をもっと上げたくなりますよね?以前の記事では学習法や体調管理について紹介してきました。そこで今回はさらに、部屋の環境を整えることで効率を上げる方法を紹介します。

 
スポンサーリンク
 

どんな部屋で学習してますか?

語学教室でのレッスン以外では、自分の部屋で学習することが多いと思います。カフェや図書館も集中できるいい場所ですが、さすがに音読などはできないですよね。そんなわけで語学の場合はやはり自室がメインになると思います。

さて、あなたの部屋はどんな環境になっていますでしょうか?学習に集中できそうな環境ですか?

モノが少なくてシンプルな部屋の方が、刺激が少ないので集中できますよね。しかし片付けはけっこう大変だし、時間も気力も必要です。

そこで今回は、すぐにできる部屋の環境をよくする方法を紹介します。

すぐに実践できる学習効率アップのための方法

部屋の換気

これはそのままです。まず部屋の換気をしましょう。部屋の空気を新鮮なものに入れ替えるわけです。換気されていないと、部屋の空気がもわっとした感じになります。たぶん酸素が減って、二酸化炭素が増えていると思われます。

そうすると頭の働きが落ちてくるので、学習効率は下がります。それを防ぐために、まずは部屋の換気なのです。

しかし、換気は意外に怠りがちですよね。春は花粉が入ってきますし、夏は網戸にしても虫が入ってきたり、冬は単純に寒い・・・などなど。ですので扇風機なども利用して、時間帯を狙って短時間に一気にやるのがおすすめです。

例:春は花粉が少ない夜 冬は日中の気温が高い時間帯など

観葉植物を置く

部屋に観葉植物を置くことも、おすすめです。植物が空気をきれいにしてくれます。光合成の働きによるものだと思われます。

私のおすすめの観葉植物はポトスです。すごく育てやすい植物です。私も20年近く自室にポトスを置いています。長い付き合いの友達みたいな感じです。

ポトスは温度の変化にも強いし、少なめの光でもがんがん育ちます。ときどき水を上げるだけで大丈夫です。たまに肥料もあげますが、年に2回くらいです。本当にタフな植物です。ただし極端な寒さと真夏の直射日光は苦手のようです。

部屋に緑があると気分も落ち着きますし、そういう意味でも学習にプラスです。

私の部屋のポトス。何度も株分けしてます。

スマホなどをフライトモードにする

これは私が特におすすめの方法です。外国語学習のため机に向かう前に、スマホをフライトモードにします。電源を切ってもいいのですが、それは起動するときに時間がかかって面倒くさいです。なので電波をOFFにするフライトモードがおすすめです。

集中して学習しているときに、スマホが鳴ったりすると一気に集中力が持っていかれます。また同じレベルで集中し直そうとすると、かなりエネルギーを使います。このエネルギーの浪費を防ぎたいのでスマホをフライトモードにするわけです。

学習にスマホを使っている場合は、SNSやメールなどの通知設定を一時的にOFFにするといいと思います。それにより集中力が乱されるのを防げます。

手間と時間はかかりますが、部屋の掃除と片付けが最強!

さて今回は部屋の環境を整えて、語学の学習効率を上げる方法を紹介しました。観葉植物は買いに行く手間が必要ですが、残りの二つはすぐにできるのでぜひ試してほしいです。

観葉植物もぜひ置いてみてほしいです。すぐに効果は実感しないと思いますが、気が付いたら不可欠な存在になって行くと思います。メンタル的にも落ち着くのでおすすめです。

しかし本気で部屋の環境を整えたいのなら、やはり片付けと掃除は必要になります。不要なものを減らしていき、きれいでシンプルな環境をつくるわけです。それらを一気にやろうとすると、とてつもなく大変です。ですので少しづつ始めるのがいいと思います。

最初はちょっと面倒くさいと思います。私もそうだったのでよくわかります。しかし部屋の環境がよくなってくると、学習や読書などがかなり捗るようになります。

なのでまずは、今回紹介したお手軽な方法から試してみてください。もっと効果を上げたくなったら、掃除や片付けにもチャレンジです!

今回の記事があなたの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

この記事がよかったら、シェアしてくれると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました