【上級者向け】上級者に起こりがちな自信喪失問題を考える

語学の話

語学をやっていて中級を突破して、上級者の世界に足を踏み入れた時、自信喪失に襲われることがあります。今回はそのことについて対策も含めて考えてみます。

スポンサーリンク

どこからが上級者なのか?

いろいろ考え方はあのですが、とりあえずこのブログにおいての定義を決めます。外国語を学習している人のうち、

  • 高度な文法や複雑な構文を理解できる
  • (一般的な内容の)ドラマなどを聞き取れる
  • (多少ぎこちなくても)フリーな会話を楽しめる

このぐらいのレベルに達した人を上級者と呼ぶことにします。

上級者の自信喪失問題とは何か?

どんなことが起こるのか?

上級者になってしばらくすると、そこから全然上達していかないような不安や焦りを感じることが起こります。そのような状態が続くと、自分のできないことに目が向き始めて、徐々に自分の語学力への自信が失われていきます。

私の体験談

私は中級修了までは、順調にタイ語の能力を伸ばしていくことができました。しかし上級になってから、スランプに陥ったように感じ、空回りしている気分になり、不安と焦りを覚えました。

そして学習時間を増やしたり、方法を変えたりするのですが、改善する手応えはまったくありません。

そのような時間を過ごしていくうちに、自分自身のできないことに意識が向いてしまいます。「現地のニュースはまだほとんど聞き取れない・・・」「ネイティブみたいなスムーズな会話ができない・・・」「これだけ勉強したのに知らない単語がどんどん出てくる・・・」

そしてだんだんと自信がなくなってきて、自分の能力を疑い始めます。「自分は語学に向いてないのではないだろうか?」「結局、どんなに努力しても帰国子女やハーフには敵わないのでは?」「今までの時間は無駄だったのだろうか・・・?」

諦めたくはないのだけれど、どうにも事態は改善しない。悲しくて悔しくて、私は夜中に何度も泣きました。

どうやって乗り越えたのか?

正直なところ、その時期の私のタイ語へのモチベーションはゼロに近かったです。もうやめようと本気で思っていました。ただタイ語の学習は、完全に習慣になっていて、私の生活の一部になっていました。だから惰性で、最低限の学習は続けていたのです。

そしてこの習慣こそが、私を救ってくれたのです。本当に習慣の惰性の力のみで学習をしていたのですが、半年ほどたった時に、自分が大きく上達していることに気が付いたのです。

上級者の自信喪失問題の原因とは?

モチベーションが回復した私は、自分に起こったことを考えました。そしていくつかの原因を、見つけることができました。

上達の実感は、変化量からもたらされる

心理学の知見によると、人間の認知機能は変化の差に反応するそうです。これこそが、この問題の核にあると私は思っています。

つまり初心者の時は、単語を5個覚えただけでも大きな変化です。10個しか単語を知らない人が、さらに3個覚えたら30%の増加です。大きな変化であり、上達した実感も得られます。さらに初級で覚える単語は主に頻出単語であり、覚えた単語がすぐに出てくるので、それも嬉しさにつながります。

中級者のときは、能力が上がってきているので変化量は減ってきています。しかし、新しくできるようになったことが多いので、それが上達の実感につながります。機会に恵まれれば、ネイティブの友人ができ始めるのもこの時期ですし、やってみたいことも次々出てくるので楽しい時期です。

しかし上級者になると、そういう機会が減ります。単語を10000個知っている人が、30個新たに覚えても0.3%の増加にしかなりません。しかもその覚えた単語は、出会う頻度が低くなっています。また新しいことも一通り経験して、精度を上げる段階に入っています。

このことにより、上達を「感じられない」という現象が起きるのです。

たとえ実感はなくても、上達はしている

上達を感じられないことが、不安や焦りを呼び、そこから負の循環に入ってしまうのが、この問題のメカニズムだと私は考えています。

しかし、実感はなくても上達は起きています。私が体験したように、惰性のみで続けた学習でも、しっかりと効果はありました。ほんとに小さな変化を少しずつ積み上げて行って、ある日ふと振り返った時に、自分が進んだことを感じられるのです。

上級者の自信喪失問題へのアドバイス

現在まさに直面している方へ

今はつらい時期だと思います。私も相当落ち込んだり悩んだりしたのでわかります。ですが、そこで学習をやめないでほしいです。上級レベルまで来れたのだから、あなたの学習法は間違っていません。続ければ必ず成果は出ます。

ちょっとアドバイスをさせていただくなら、今までより長期的なスパンで考えるようにしてほしいです。半年や1年単位です。半年や1年前の自分と比べてどうなったのか?で判断してほしいです。

また1年後でも同じように悩んでいる可能性は高いです。その時は、悩み自体を比較してみてください。私の場合は、「現地のニュースの一部しか聞き取れない」が「現地のニュースで一部が聞き取れない」に変わっていました。

正直なところ今でもよく悩んでますが、このことを知ってからだいぶ気持ちは楽になりました。うまく意識を変えて、続けてみてください。

これから上級者になる人へ

この問題は誰でも起こるのかどうかは私も分かりません。起こる人もいるし、起こらない人もいるでしょう。もし起こってしまったときは、この記事のことをなんとなく思い出してほしいです。

そうすれば必要以上に動揺したり、ネガティブになることは防げると思います。

だいぶ長い記事になってしまいましたが、読んでくれてありがとうございます。参考なったのならうれしいです。

スポンサーリンク

この記事がよかったら、シェアしてくれると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました