語学をやると行動力が上がるというお話

語学の話

内向的な人は慎重になりがちなので、なかなか行動に移せない人も多いのではないでしょうか。私自身もその傾向が強かったのですが、語学を続けて行くうちに行動力がどんどん上がっていきました。今回はそのことについて説明していきます。

 
スポンサーリンク
 

行動しないと経験値が得られない・・・

内向的な人によくあることですが、考えすぎて不安になったり慎重に様子を見すぎたりして、なかなか行動に移せなかったりします。それで結局チャンスを逃してしまったり、やること自体を自分で断念してしまったりすることもありがちです。

行動をとりあえず起こせば、なんらかの経験値は得られるんですよね。結果の良し悪しはともかくとして。経験値がたまってくると、だんだん自信もついてきて行動を起こすのが容易になって行きます。

内向的な人は、行動を起こさない→ 経験値がたまらない→ 自信がつかない→ 行動を起こせない、みたいな悪い循環に陥りがちです。

そんな循環から抜け出すひとつの方法としておすすめなのが、ずばり語学です。

語学をやると行動力が上がる理由

語学を真剣にやり始めてある程度の実力がついてくると、行動力が上がります。なぜかというと、その学んできた言語を使ってみたいという感情が湧いてくるからです。

たとえばロシア語を学んでいる人なら、ロシア人とちょっと話してみたくなります。フランス語を学んでいる人なら、フランス人とちょっと話してみたくなります。一言二言の挨拶程度でもいいので、とにかく学んできたものを使いたくなるのです。

語学を熱心に取り組んでいればいるほど、この「使ってみたい」という感情は強くなります。この感情はけっこうなパワーを持っているので、やがて新しい行動への不安や恐怖を凌駕していきます。それが起こった時、自然と行動に移すことができるようになります。

また語学の場合は学んだものを使おうとすると、自然と人(外国人)とのコミュニケーションがある環境へ向かうことになります。

そうすることで、内向的な人に不足しがちなコミュニケーションの経験値が得られますし、失敗しても自分の語学力のせいにすればいいのでそこまでダメージはないです。原因が自分の性格とかではなく、語学力に帰属されるのですね。たぶん相手の外国人もそんなに気にしないですし。

そんなわけで内向的な人と語学の組み合わせは、けっこう相性がいいと私は思ってます。外国語を学んでいく過程で、内向的な人に不足しがちな経験を補ってくれる機会に多く出会えるからです。

写真はイメージです

私の体験談

私がタイ語を学び始めてしばらくすると、タイ語を使ってみたくなりました。もちろんタイ語教室の先生相手には使っていました。しかし先生方は、日本人生徒のタイ語発音に慣れています。だいぶ不自然でも理解してくれます。

そこで私は日本人の発音に慣れていないタイ人の方に、自分のタイ語を使ってみたくなったのです。腕試しみたいなものですね。

今でも覚えていますが、最初の舞台はタイ料理のレストランです。店員も料理人もタイ人の本格派路線のお店です。そもそもこのお店自体も入るのに度胸がいりました。少しビビりながらもお店に入ります。期待通りタイ人の店員さんがいます。

そこの料理は、めっちゃ美味しかったです。そしてレジで会計を済ませてから、店を出る前に「料理がとても美味しかったです。ありがとうございました!」的なことをタイ語で言おうと決めてました。

ところが実際にその場面になったら、ビビッてしまいました。そして内心で葛藤しているうちにタイミングを逃してしまい、そのまま店を出ることになりました。最初の一歩は、やっぱり大変ですよね。

そして2回目にそのお店に行ったときに、ついに私はタイ語を使えたのです。ばっちり店員さんに伝わって、笑顔で答えてくれたのが記憶に残ってます。

その後もそのタイ料理店にはよく行きまして、タイ語で注文したりとかいろいろとチャレンジしました。店員さんも喜んでくれたのか、デザートをサービスしてくれたりとか嬉しいこともありました。現在はそのお店は無くなってしまいました。非常に残念です。

そんな感じで、ものすごく小さなところからスタートしました。しかしこれは私にとって大きな意味がありました。たとえ小さなことでも実際に行動すれば、経験が得られます。その経験が積み重なっていくことで、大きな変化が自分の内面で起こります。

私はもっとタイ語を使いたくなって、ついには腕試しのために一人で海外旅行にまで行ってしまいました。行った場所はタイのチェンマイです。

チェンマイはタイ北部の古都で、北方の薔薇とも呼ばれる都市です。比較的静かで、風情のあるいい街でしたよ。あえてバンコクに行かないところが、私の個性です。(たぶん)

人生を変えるひとつのきっかけとして、語学はおすすめ!

内向的でちょっと人生に行き詰っているような感じの人には、語学をおすすめしたいです。人生を変えるひとつのきっかけになると私は信じているからです。

私自身は語学のおかげで、人生が大きく変わりました。以前よりも自信もつきましたし、行動力もかなり上がりました。語学をやっている人ならではの、貴重な経験もたくさんすることができました。

まあ語学ではなくても、何か好きなことに熱心に取り組むことでも人生は変わっていくと思います。ですが語学はその性質上、コミュニケーションの機会を増やすことにつながります。

私もコミュニケーション能力が低いのかなぁと悩んでいた時期がかなり長くありました。正直なところ今でもあります。しかし経験によって、克服したり解消していける部分が多いことを今は知っています。

ざっくり今回のポイントをまとめます。

語学を熱心にやる→ 使ってみたくなる→ 行動力が上がる→ コミュニケーションのある環境に突撃→ 経験値を得る→ 自信がつく→ もっと使ってみたくなる→ さらに熱心に学ぶand行動力がさらに上がる・・・

そんなわけで語学はその性質上、人生を変えるきっかけとしてはかなり優秀です。補ってくれる関係という意味で、内向的な人とも相性がいいです。このブログでは語学の始め方や、学習法などについても紹介しているので、よかったそちらも参考にしてみてください。

今回は語学をやると行動力が上がるというお話でした。この記事があなたの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

この記事がよかったら、シェアしてくれると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました