語学をやる人におすすめの食生活のお話

生活の知恵

以前、語学の学習効率を上げるために食生活を見直してみようという記事を書きました。今回はそれの続きです。前回書くことが出来なかった、それ以外のコツを紹介します。

 
スポンサーリンク
 

まだまだあるぞ!語学をやっている人におすすめの食事法

前回の記事はこちらです。先に読むのをおすすめします。

前回の記事では、学習効果を高める食事法のいくつかのポイントを紹介しました。今回の記事ではそれ以外のポイントを紹介していきます。

今回、紹介していくのは主に3つのポイントです。

  • オメガ3脂肪酸
  • マグネシウム
  • レシチン

ではそれぞれ説明していきます。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、不飽和脂肪酸の一種です。人間の健康維持に重要な成分ですが、体内で合成することが出来ません。なので食事からとる必要があるのです。

オメガ3脂肪酸にもいろいろ種類があるのですが、私がおすすめしたいのはDHAとEPAです。DHAはドコサヘキサエン酸で、EPAはイコサペンタエン酸の略称です。

DHAは脳や神経組織の構成成分のひとつです。そのため脳の機能維持に必要な成分となります。さらにDHAは記憶力や学習力に関わる海馬に多く存在しています。

またDHAは気力の維持にも役立っていることが明らかにされています。

EPAは血液をさらさらにしてくれるのと、細胞の膜をやわらくしてくれる効果があります。

ざっくりまとめるとDHAは、外国語を学ぼうとする気力、学習中の集中力やその後の記憶の保持に効果的です。そしてEPAの効果で血液中の栄養がスムーズに脳に運ばれていきます。これは学習効果が上がりそうですよね。

これらの成分は、サバなどの青魚に多く含まれています。「魚・魚・魚~魚を食べると、頭・頭・頭~頭がよくなる~♪」という歌がありましたが、こういう根拠があったのですね。

マグネシウム

マグネシウムは健康の維持に必要なミネラルですが、日本人は不足しがちな成分です。マグネシウムには、骨の強化や血圧の安定、神経や筋肉などをリラックス(弛緩)させる働きがあります。

勉強や仕事のしすぎで、まぶたがピクピクする現象が起きたことはありませんか?マグネシウムが不足気味だとそれが起こりやすいそうです。

またマグネシウムは、メンタルを安定させるセロトニンなどの脳内ホルモンの生成にも必要です。また抗ストレスホルモンをサポートする働きもあります。

特に私としては、メンタル的な効果を感じています。マグネシウム不足になると、疲れやすい・やる気が出ない・イライラしやすい・集中力が低下・記憶力が低下・頭痛・睡眠の質の低下などいろいろな影響が出てきます。

私はあまり感じないですが、便秘や不整脈、女性の場合は生理前の不調にも影響するそうです。

メンタルや体調の安定は、語学の学習を続けていく上で無視できない重要な要素です。マグネシウムは特に不足しがちなので、気を付けたいところです。

レシチン

大豆はブレインフードと呼ばれたりしますよね。レシチンはその主役となる成分です。脳を構成する脂質の大部分がレシチンです。

さらにレシチンは、脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンの材料でもあります。アセチルコリンは集中力や思考力を高める働きがあります。

そんなわけでレシチンは、脳機能の維持や学習能力の向上に関係する成分です。また身体の様々な部分に含まれれる成分でもあり、健康維持の点からも重要です。

私のお気に入り食品

具体的に何を食べればいいの?

さてここからが本題です。上記のそれぞれに対応する食品を具体的に紹介します。

魚料理を定期的に食べよう!

DHAやEPAは、さんまやサバ、アジなどの青魚に多く含まれています。というわけで魚をたくさん食べるのが一番です。

しかし魚を調理するのはめんどくさいですよね。そこで私もやっている手軽な方法は、ノンオイルのシーチキン缶です。

筋トレ好きはよく食べるのですが、カロリー低めでタンパク質が豊富、さらにDHAやEPAも多く含まれています。値段もそこまで高くないし保存もきくので、スーパーなどのセール時にまとめて買っておくと便利です。

あとは外食時に、魚料理を選ぶのもおすすめです。定食屋では焼き魚定食、とんかつ屋ではなく回転ずし、みたいな感じで魚系の料理を意識的に選んでいくといいと思います。

硬水のミネラルウォーターとミックスナッツ

日本の地質の関係で、日本産のミネラルウォーターはマグネシウムが少ない軟水です。コンビニや自販機で売っているミネラルウォーターの大部分は軟水です。

そこで私がおすすめしたいのは、硬水のミネラルウォーターです。具体的にはエビアンとコントレックスです。

エビアンはコンビニでもよく見かける商品ですよね。値段的にはちょっと割高ですが、硬水なのでマグネシウムは豊富です。

コントレックスは、超硬水として有名なミネラルウォーターです。マグネシウムも大量に含まれています。ただし飲みすぎるとお腹をくだしたりします。私は1日1杯だけ、しかもちょっと軟水で薄めて飲んでます。

一般的に硬水はまずいと感じる人が多いようです。私は割と平気で、エビアンとコントレックスをよく買ってます。

さらにナッツ類もおすすめです。マグネシウムを多く含んでいるだけでなく、亜鉛やビタミンEなどの他の栄養も豊富です。

コンビニなどでよく売っている、ミックスナッツが特におすすめです。アーモンドやカシューナッツ、クルミなどいろいろなナッツが入っている商品です。

私は食塩無添加のものを好んで買っています。おつまみ的には塩が入っている方が合うと思いますが、私はおやつとして食べているので無添加の方が好きです。

納豆はコスパ的にもおすすめ!

レシチンは大豆製品に多く含まれています。値段も安く手軽なものと言えば、ずばり納豆です。

納豆はかなり好き嫌いが分かれますが、苦手でないのならかなりおすすめです。パックの納豆を買ってきて、普段の食事に一品追加みたいな感じにするのがおすすめです。

私もよく納豆を食べてます。だいたい1日に1パックくらいの感じです。

レシチンは卵黄にも多く含まれています。卵もお財布にやさしい食品ですよね。私の定番の朝食のひとつは、卵かけご飯と納豆のコンビです。

普段の生活に自然に取り入れよう!

今回紹介したものは、補助的な栄養素です。外食するときのお店選びや、ミネラルウォーターを買う時の種類選び、普段のおやつの一部をミックスナッツに変えてみるなど、少しの工夫ですぐに実践できると思います。

薬ではないので食べた次の日に効果を感じるかというと、おそらく感じません。ですが日々の習慣にちょこっと取り入れていくと、長い目で見た時に効果を実感できると思います。

まずは実際に試してみてほしいです。そういえば最近は調子いいな~、勉強がはかどるな~みたいな感じになれたらいいと思いませんか?語学の道は長いですから、学習に集中できるよう守備を固めるのも大切です。お互いに語学を頑張りましょう!

今回の記事があなたの参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

この記事がよかったら、シェアしてくれると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました