語学の初心者向けに、音読のコツと効果を解説!【知らなきゃ損する】

語学の話

さて今回は非常に効果的な外国語学習法である音読について紹介します。目的ややり方は異なりますが、初心者から上級者までカバーできる勉強法です。

今回の記事では初心者に向けて、音読のポイントや効果を解説します。

簡単に結論から言うと、音読のやり方としてはこうなります。

  • 正確な発音を意識して行う
  • まずは単語レベルから始めて、徐々に長くする
  • まとまった文章に挑戦してみる

得られる効果としては、主にこのような効果が得られます。

  • 発生や発音に必要な筋肉が鍛えらる
  • 声を出すことでストレス発散にもなる
  • 声に出すことで記憶に定着しやすくなる

この記事を読んで理解が深まったら、さっそく今日から実践してみましょう!やったぶんだけ効果が得られます!

スポンサーリンク

音読ってどうやればいいの?重要な3つのステップ

音読とは声に出して読むことです。基本的にはそれだけなのですが、外国語学習の場合にはいくつかポイントがあります。

1,初心者はまずは正確な発音を意識して音読をやろう!

外国語を学び始めたばかりの時は、まだ発音が不安定です。だからこの時期は正確な発音を意識することが大切です。まずは単語だけから始めるといいと思います。一音ずつ丁寧に声を出すのがコツです。何度も声に出すことにより、記憶にも残りやすいです。発音と語彙に効果がある方法です。

2,慣れてきたら短い文でやってみよう!

発音がある程度安定してきたら、今度は文に挑戦してみましょう。初めはあまり修飾のないシンプルな文が適していると思います。主語・動詞・目的語など文の構成要素を意識しながら音読をするのがコツです。文法的にしっかり理解できている文を使うのが重要です。理解できていない部分がある場合は、先に文法学習をしておきましょう。文の音読は、文法の定着に大きな効果があります。

3,最初の難関!短い文章にチャレンジ!

文の音読に慣れてきたら、今度はまとまった文章にチャレンジしてみましょう。5行くらいでしっかり理解している文章を音読するのがおすすめです。この段階では、文章としての意味を追いながら読むのが大切です。全体としての流れを意識する感じです。慣れてきたらもっと長い文章にも挑戦してみましょう。文章の音読は、読解力や聴解力を発達させてくれます。

音読で得られる意外な3つの効果とは

1,発声や発音に関連する筋肉が鍛えられる

音読は声を出して読むので、健康面でも効果があります。私もそうですが、内向的な人は声が小さめの人が多いと思います。語学目的での音読だと、はっきり発音するために普段より大きめの声を出すことになります。そのことが、発声に使う口や喉などの筋肉を鍛えてくれます。

私の失敗談

私がメンタルの不調で療養してた時の話です。その時期は家で引きこもりみたいな生活をしていました。しばらくそんな生活が続いた後、自分では自覚がなかったのですが声がかなり小さくなっていました。声を出す能力は使わないと衰えます。その後、音読で声の小ささを改善できました。

2,ストレス解消効果になる

大きな声で音読をすることは、ストレス解消にもなります。カラオケでストレス解消になるのと同じようなことです。

また大きな声を出すことは、メンタルを安定させる効果もあります。自分の内側のエネルギーを外に出すことに慣れてくると、自信や勇気が少しづつ高まってきます。

このように、学習面だけではなく健康面でも音読には優れた効果があります。

3,記憶の定着率が上がる

文字を目で追っているだけでは、なかなか単語を覚えられませんよね。しかし声に出しながら学習すると、覚えやすくなります。

学校のテストなどで経験的に知っている方も多いのではないでしょうか?

さらに語学の場合は、声に出すことで音声としての記憶も蓄積されていきます。それはリスニングの時にすごく役に立ってくれます。

耳に馴染んだ単語は聞き取りやすいからです。文字と意味を知っている単語でも、聞きなれていないと難しく感じてしまいます。

音読をすることで、単語の文字と音声と意味をセットで覚えましょう。それを続ければ、確実に地力がついてきます。

音読は優れた学習法!さっそく今日から始めよう!

最初の頃は毎日15分くらいを目標にして、慣れてきたら30分くらいがいいと思います。

意外と集中力を使うので、集中して短時間がおすすめです。最初のころはいろいろと考えながら発音したりするので、短い時間でもかなり疲れると思います。

発音が無意識にできるようになってくると、負荷がかなり減るので、もう少し長い時間でも音読できるようになってきます。

発音練習としての音読の効果は、早い段階で感じることができます。口の動きがスムーズになる、発音が安定してくるなどです。

学習している言語の独特のリズム感や、文の構造を直感的に理解する能力を身に着けることは、かなり時間がかかります。それには音読した量が大切になってきます。かなり大量にこなさないと、身に着けるのは難しいです。

しかし、まずは焦らずに正確に発音して音読することをおすすめしたいです。最初は量より質です。

間違った動きで100回練習したら、100回分の間違った癖がつく

私が以前通っていた空手道場の、師範の教え

発音がしっかり身について安定してから、量を意識した音読をするのがベストだと私は思います。

今日からぜひ音読を始めてみよう!外国語をマスターするのは、マラソンのような長期間のチャレンジですが、一緒にがんばりましょう!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。応援してくださると嬉しいです!


タイトルとURLをコピーしました